参加者へのご案内(ver.2_2021/9/4)

 

01/大会案内・大会マニュアル

 

​大会概要

日時: 9月  8日(水)  9:00 − 17:15

    9月  9日(木)  9:00 − 18:45

    (ポスター発表:16:45 − 18:45)

          9月 10日(金)   9:00 − 16:00

    (総会・受賞講演:13:30 − 16:00)

場所:オンライン大会会場(赤02)(https://www.gsj2020tk.com

 

■ 直前参加登録

本大会の参加には参加登録に加えて大会アカウント登録が必要です. 

直前参加登録は8/20〜9/3に受け付けます. 大会HPの直前参加登録(青04)から登録してください.

参加登録は締め切りました.

※大会参加登録は直前参加登録が最終となります。当日の参加登録は、原則できません.

■ プログラム・予稿集について

大会プログラム(要旨なし)は大会HP_赤01からダウンロードできます.

大会予稿集はオンライン大会会場のログインページからダウンロードできます.

■ 大会マニュアル

本大会の口頭発表およびポスター発表はZoomミーティングを用いたオンライン発表となります.  これまでと参加方法が大きくことなるため、大会参加者向けに、参加者の聴講、口頭発表、座長、ポスター発表に関する大会マニュアルを作成しました.

>>大会マニュアルのPDFダウンロードはこちら.

 
 

02/オンライン会場

 
 

■ オンライン会場

  • 大会HPのオンライン大会会場(赤02)からログインしてください. ここから講演会場とポスター会場へ行くことができます. 予稿集もこちらからダウンロードができます.

  • 講演会場ではシンポジウム、ワークショップ、一般講演、総会・受賞講演、男女共同参画フォーラム、談話室に参加できます. 各会場のセッション毎にZoomミーティングのリンクがあります. Zoom URLをクリックしてセッション会場へ入室してください.

  • ポスター発表会場(W.WORKS)ではポスターの閲覧(音声ガイド付)ができます. ポスター発表の時間は、各発表者のZoomに入室しディスカッションができます.

  • ポスター展示期間:8日 午後1時 〜 9日 午後6時45分

  • ポスター発表:9日 午後4時45分 〜 午後6時45分(前半_奇数演題、後半_偶数演題)

  • 談話室はoViceを使ったコミュニケーションスペースです. 大会マニュアルをご参照の上、是非ご利用ください.

  • オンデマンドページではワークショップをVimeoにてオンデマンド配信します. 配信は9/11~9/17を予定しています. また、大会期間中、談話室(oVice)内のオンデマンド会場にて先行配信を予定しています. 是非、談話室もご利用ください

 

03/口頭発表者

  • 講演はすべてZoomミーティングを用いたオンライン発表となります. Zoomは最新バージョンにアップデートをお願いします.

  • 発表はご自身のパソコンにて発表スライドを画面共有して発表してください. 発表に使用するスライドは英語表記を推奨します.

  • ご自身が発表するセッション開始時刻の10分前位に該当セッションのZoomリンクから入室してください(発表直前の入室はできるだけ避けてください).

  • 入室した際には必ず会場係、座長(ホスト)にチャットを使ってお知らせください. 

  • 一般口演の講演時間は15 分(発表12 分、討論3 分)です. ワークショップ、シンポジウムの講演時間は演題ごとに異なっています。大会プログラムで必ずご確認ください

  • 発表方法の詳細は大会マニュアルを参照してくだい.

 

04/ポスター発表者

ポスター掲示期間:9月8日(水) 13:00 〜 9月9日(木)18:45

発表時間:9月9日(木) 16:45 〜 17:45(奇数番号)、17:45 〜 18:45(偶数番号)

  • ポスター会場へはオンライン会場から直接アクセスできます. ポスター発表はW.WORKSが提供するプラットフォームを利用します.

  • ポスター発表:発表はZoomを利用したオンライン発表となります。ポスター発表時間になりましたら、ご自身がホストのZoomミーティングで発表および質疑応答をお願いします。発表方法の詳細は大会マニュアルを参照してくだい.

  • ポスター発表演題の中から優秀な発表をYBP(Young Best Poster)賞として表彰いたします.  YBP賞受賞者の発表は9月10日の総会にて行います.  是非、総会に出席してください.

 

05/座長

  • 一般講演の座長の方は、大会予稿集または大会マニュアルに記載された座長一覧表でご担当のセッションおよび講演番号をご確認ください.

  • セッション開始時刻の10分前に担当するセッションのZoomミーティングリンクから入室してください.

  • 通信環境等のトラブルにより担当座長が進行できない場合は、他の座長の方に進行を代行していただく場合がございます. そのため、一般講演の座長の方は、ご担当の講演以外の時間もできるだけセッションに留まり、一般講演の進行にご協力ください. 

  • シンポジウム・ワークショップの世話人の方は、通信トラブルに備えて、進行役(ホスト)を常時2人以上置いてください。

  • 各セッションの進行は座長・世話人の方に一任いたします. 進行の方法については大会マニュアルを参照ください.

 
 
 

06/BP賞, YBP賞

 
 

日本遺伝学会では、一般講演およびポスター発表の中から、BP (Best Papers) 賞、YBP (Young Best Poster) 賞の選出を行なっています。

オンライン大会会場にBP・YBP賞投票サイトを設置しています.​

【 BP賞 】

  • BP賞について

全生物に共通する不変原理と、生物種に固有な現象を記載する「遺伝と多様性の科学」としての遺伝学は、ゲノム科学と技術革新に後押しされ、かつてないほど重要性を高めてきました。日本遺伝学会では「21 世紀の遺伝学を切り開く意欲あふれる研究を奨励し、日本の遺伝学の発展に資する」ことを願い、才能と情熱を傾けた結果としての発表を選抜褒賞し、研究者育成の一助となることを目指して2001 年にBest Papers 賞(BP賞)を開始しました。「BP 賞受賞歴」は特に駆け出しの研究者にとって貴重な一行となるはずです。共著者にも記載の権利があります。

 
  • 選出方法

BP 賞選出に際しては、公平性の観点から、投票が偏ることのないよう、評議員、編集顧問、編集委員、幹事、および座長から構成される審査員によって記名投票で行います。各一般講演の

評価を聴講評価者数に対する割合で補正して上位演題を選んだ後、さらに検討を加えることで

公平性を担保しています。質疑応答を含めて評価されるので、発表者はもちろん、ほかの皆様も間接的に評価に関わることになります。このほか様々な形で大会に関わる皆様の力によって、本大会とBestPapers 賞は成り立っています。大いに盛り上げていただくようお願いいたします。

 

  •  受賞の確定について  

選出候補者には11 月下旬頃を目処にGenes & Genetic Systems(GGS)の付録誌「遺伝学のパラダイムシフトを目指して」の研究紹介原稿を依頼し、期日までの原稿提出によって受賞者とします。受賞者には賞状と記念品が贈られ、GGS と学会ホームページに記事掲載されます。BP賞受賞者から若干名が翌年大会のプレナリーワークショップ演者に推薦されます。

 沖 昌也(BP賞選考委員長)

【 YBP賞 】

大会期間中に開催されるポスターセッションは、学部・修士課程の学生のみが発表できます. 日本遺伝学会では、BP賞同様、研究者育成の一助として大会参加者の全員投票によってポスター発表者の中からYBP(Young Best Poster)賞を選出しています.

 

07/幹事会・評議員会・編集委員会

 

日時・方法:大会前日 9月7日(火)・オンライン開催

Zoom会議アドレスは参加者にEメールでお知らせします. 

 

幹事会

 時 刻:12:00 − 14:00

 出席者:会長、幹事、大会委員長、次期大会委員長、事務局

 

評議委員会

 時 刻:14:10 − 16:10

 出席者:幹事会出席者、評議員

 

編集委員・編集顧問合同委員会

 時 刻:16:20 − 18:20

 出席者:編集委員、編集顧問