公開市民講座

 
「がんの遺伝的多様性の理解からがんの治療法を考える」
 

講演者

花岡 文雄(国立遺伝学研究所・所長)

日光に当たると皮膚がんを起こしやすいヒトの遺伝病のはなし

清宮 啓之(公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター・部長)

染色体の終わりから始まるがん創薬

河野 隆志(国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野・分野長)

保険診療で行う遺伝子パネル検査とがん医療

近藤 科江(東京工業大学 生命理工学院・教授/学院長)

光が拓く次世代診断:低酸素を探せ

 

オンデマンド配信は終了しました

主催:公益財団法人 遺伝学普及会所属 日本遺伝学会

​   日本遺伝学会第93回大会

共催:学習院大学第29回生命科学シンポジウム

後援:学習院大学理学部同窓会